ロレックスの時計、エクスプローラーⅠの魅力とは?

ロレックスの時計、エクスプローラーⅠの魅力とは?

高級腕時計と言えば、まず真っ先に思い浮かぶのがスイスに本社を置くロレックスでしょう。中でも比較的安い価格設定(といってもおおよそ60万円前後はします)となっており、一般庶民でも頑張れば何とか手が届く範囲のモデルなのがスポーツタイプの高級腕時計として知られるエクスプローラーⅠです。ロレックスの腕時計の代表的なモデルと言っても過言ではないモデルでしょう。

 

元々エクスプローラーⅠは、英語で探求するの意味の通り、エベレストなどの高い山を登る登山家や探検家の為に開発されたモデルでした。高機能よりもシンプルさが基本となっており、カレンダーすら付いていません。ブラックダイヤルに3、6、9のアラビア数字と12時の位置に三角マークを配した視認性を重視したデザインです。その愚直なまでのシンプルさと高い耐久性、そして時計としてもっとも重要な時刻を知らせる正確さが評判を呼び、年齢層を問わず幅広い人々に支持されているシリーズです。芸能人の間でも愛用者が多い事で知られているモデルです。

 

主な機能として、現行モデルにはムーブメントは自動巻き、100m防水、ブレスタイプはオイスターブレス、ケースを覆うガラスにはサファイヤクリスタルガラスが用いられています。もちろん素材はステンレススチール製となっており、その耐久性は折り紙付きです。そんなエクスプローラーⅠシリーズの中でも、根強い人気を誇っているのが、現行モデルのRef.214270の前にあたるRef.14270とRef.114270です。

 

前者のRef.14270は、1990年~2001年の長きに渡って製造され、約四半世紀に渡って生産されたロングセラーモデル、Ref.1016の後継としてデビューし、サファイアクリスタル製のフラット風防やハイビートムーブメントCal.3000など当時のロレックスが培ってきた最新技術が惜しげも無く投入されたモデルで、ダイヤルデザインも大幅に見直されています。基盤のカラーも先代よりもより艶と深みのあるブラックとなり、シャープで高貴な印象を持つデザインへと変更されました。

 

価格は、十年以上前のモデルという事もあり、ほとんどが中古品となり、高い物だと100万円はしますが、平均的には50万円前後の価格帯となっています。

 

後者のRef.114270は、2001年~2010年にかけて製造されたモデルです。ケース径36mmのエクスプローラーIとしては、最後のモデルとなりました。前モデルのRef.14270から基本的なデザイン面は先代をほぼ踏襲しつつも、インデックスや文字が僅かながら細くなり、風坊の6時位置に王冠マークの透かしが刻まれるようになりました。機能面では、ブレスレットとケースがブラッシュアップされ耐久性が増した他、搭載ムーブメントが変更されより精度が向上しています。

 

価格は、おおよそ50万円~70万円前後となっており、先代のRef.14270とほぼ変わりません。特に拘りが無ければ、市場に多く流通している、Ref.114270の方が比較的入手は容易なので、もし買うなら現行モデルかRef.114270の方が無難でしょう。

 

【ロレックスの種類別、豆知識もご覧ください】

ロレックスの魅力と豆知識をブログにて書いてますので興味ある方は是非→ロレックスの魅力と豆知識

商品ランク説明
S 新古品・未使用品
SA 数回程度使用の超美品
A 全体的にキレイな商品
AB 多少の傷、汚れがあるが程度良好の美品
B 一般的な使用感のあるお品
BC 傷、汚れがあり使用感を感じる商品
C 傷・汚れがあり使用感を感じる商品
D ジャンク品

お気軽にお問い合わせください

ご検討されているお客さまへ WEBお問合せはコチラ 0120-2525-55